怒涛 意味。 「怒涛」の意味とは?「怒涛の日々」の使い方や類語「波乱」も解説

意味 怒涛

聴衆が怒涛のごとく押し寄せて来る。 「怒涛」と「路頭」は、同じ三文字の言葉で響きも似ているので混合されやすいですが、意味は全く違います。

意味 怒涛

この、明るく楽しい怒濤の勉強量が、高い合格率の秘密なのです。

12
意味 怒涛

この漢字を用いた単語には、「怒気」「怒張」等があります。 そうです。

13
意味 怒涛

そういう、古代の若き英雄のように、難関校を次々と突破してほしいのです。 また素早く、激しい様子。

19
意味 怒涛

このような怒涛の展開を誰が予測できただろうか。 ただ、簡単な「波乱」のほうが書き言葉として使用されることが多いと言えるでしょう。 「storm」には「嵐」、「urge」には「衝動」という意味があります。

19
意味 怒涛

それ以外は、毎年変わる、言葉遊びのキャラなのです。

12
意味 怒涛

大勢の客が押し寄せて…、とか、仕事が多忙で嬉しい…時には、ヤハリ、月次 な みでも、 「目が回るほど」や「猫の手も借りたいほど」 などか、適していると言うべきです。

5
意味 怒涛

「夏怒涛」は俳句の季語として使われる 「夏怒涛(なつどとう)」は、俳句の季語として使われる言葉です。 狂瀾怒涛とは社会情勢などが非常に混乱した状態にあること、疾風怒涛とは時代が激しく変化したことをいいます。 スパルタの兵士たちは 疾風怒濤の勢いで敵兵を攻撃した。

意味 怒涛

それは、18年間連続93. だから、今までの2倍の勉強時間、3倍の学習量をやっても、ちっとも苦にならず、深刻にもならないのです。 たとえば、「era of storm and stress」で「疾風怒濤の時代」という意味です。 なぜなら、みすず学苑の広告には、一貫したポリシーがあるからです。